神話
Google
がんばれ宮崎

みやざきWEBチャンネル TOP 神話日本書紀 神々の詩

J23・・・ナガスネヒコとの決戦・・・
冬12月4日になりました。
皇軍は、遂に、長髄彦(ナガスネヒコ)と、再戦することになりました。
しかし、双方決め手なく、一進一退を繰り返しました。
その時、急に空が暗くなり、雹(ひょう)が降って来ました。
そこへ、金色の鵄(とび)が舞い降りてきて、
神武の弓の先に、止まりました。
その金色の鵄(とび)は、光り輝き、まるで雷光のようで、
ナガスネヒコの軍勢は、眩しい光に遮られ、
勢いが、どんどん衰えました。

J24・・・ナガスネヒコの使者・・・
ナガスネヒコは、戦況が不利になったと、感じ取り、
神武に使者を送ってきました。
「以前、天つ神の御子という人が、
天磐船(あまのいわふね)に乗って、天から降って来られました。
名前は櫛玉(クシタマ)饒速日(ニギハヤヒ)と申される人です。
それで、私の妹の三炊屋媛(ミカシキヤヒメ)を嫁にやり、
可美真手(ウマシマデ)と言う子供もできました。
そんな訳で、私は、現在、ニギハヤヒに、お仕えしています。
一体、天つ神の子が、二人も、おられるのですか。
あなたは偽者でしょう。」
それを聞いて、神武が答えられました。
「天つ神の子は、何人もいる。
お前の主人が、天つ神なら、何か徴(しるし)があるだろう。
それを示してご覧。」
使者は、天羽羽矢(あまのははや)と歩靫(かちゆき)とを持ち帰り、
神武に見せました。
神武は「間違いない」と言い、自分も同じものを見せました。

J25・・・ニギハヤヒの帰順・・・
ナガスネヒコは、それで、神武も天つ神であると、分りましたが、
いまさら、戦う心を改めることが、できませんでした。
この時、ニギハヤヒは、ナガスネヒコに、教え諭しましたが、無駄と知り、
それで、ナガスネヒコを殺害し、部下を連れて帰順しました。
神武は、これを良しとして、ニギハヤヒを可愛がりました。
ニギハヤヒは、物部氏の先祖です。

解説・・・
古事記は、この辺り、話が断片的で、どうも、良く分りません。
トミビコを攻撃した後に、エシキを攻撃しており、順序がおかしいです。
しかも、殺したとは、書いてありません。
その後に、ニギハヤヒが帰順します。
そして、ニギハヤヒが、ナガスネヒコを殺したとも書いてありません。
何だか、よくわからない話が続きます。
それに比べ、日本書紀は、よく分ります。